ウイルスバスターの導入

Windows XPをインストールしてPC環境を再構築してきた。
今日はウイルス対策ソフトを導入してセキュリティー強化をすることにした。

ウイルスバスター2008を選択。2009よりも安定してて動作も軽いのが選択の理由です。
ただ、豊富にある2008の機能を全部有効にすると当然動作が重くなるので、
最低限必要な機能だけを有効にした。
リアルタイム検索機能、ファイアーウォールのみを有効にした。

特に、不正変更監視機能 フィッシング詐欺対策、無線LAN検索機能は不具合の原因に
なりやすいので無効にしたほうがいいかも知れない。

これでウイルス対策は完了となった。

ウイルスバスターを使いつくす【裏技編】

ウイルスバスターの裏技に関して。

ウイルスバスターは一度購入するとメジャーバージョンアップを無料で受けることが出来るので
このサービスを利用して、現在量販店で売られている2009を購入してトレンドマイクロ社から
2008のプログラムをダウンロードしてインストールすることで、ウイルスバスター2008を
利用することも可能。当然シリアルは2009に付属してたもので登録することになるが全然問題
はありません。
日本トレンドマイクロ社ダウンロード

さらにバスターの更新期間が終わってもシリアルナンバーは無効になってない。
ただ、自動更新の権利が消失するだけ。これを利用して手動更新してバスターを
使うことも出来る。

日々の更新ファイル(ウイルスパターンファイルなど)はトレンドマクロ社のアメリカサイトから
入手。圧縮ファイルを解凍してバスターのフォルダに入れて再起動すればOK。
米トレンドマイクロ社ダウンロードサイト

この手を使えば何年でもバスターを使うことが出来る

WIndows7 が来た

Windows7 が工場出荷状態のRTMを出してきてネットではその話題で盛り上がってる。

うちのPCにも入れたい気がするが、どうしよう。


マイクロソフトお得意のバグが一巡してSP1が出るまで待ったほうがいいのか思案のしどころ。



ウイルスバスター2010 発売

いつの間にかにウイルスバスター2010が発売されてた。
例年なら10月下旬に発売してたので、気づくのが遅れてしまった。
いろんなところで導入報告があがっているが、Windowsを破壊されたという
物騒な書き込みもちらほら目にする。それ以上に前バージョンより軽くて
安定している、という書き込みが多くあがっています。

うーん、今はウイルスバスターー2008が安定してるので、
サポートが切れる年末まで導入は先送りになりそうだ。


今、使用しているウイルス対策ソフトがパソコン購入時に付属していたのであれば
要注意です。自動更新の期限が切れて古いままで放置されているかも知れません。
そのような方はパソコン初心者にも判りやすい作りになっているウイルスバスター2010を
導入してはどうでしょうか。
ご購入は↓から出来ます。






トレンドマイクロ ウイルスバスター2010 1年版トレンドマイクロ ウイルスバスター2010 1年版


ノートン インターネットセキュリティ2011の設定変更で軽量化してみる

クラウド版のウイルスバスターの評判が良くないのとバスターのファイヤーウォール機能のバグが原因で
ウイルス対策ソフトをノートンに乗り換えることにしました。

選んだのは軽いと評判のノートン インターネットセキュリティー2011。
乗り換えたのは1年ほど前なのだけど、設定に悪戦苦闘しまくって現在に至る。

初期状態だと結構モッサリしててイライラが溜まって仕方がなかった。
いろんな機能がテンコ盛りだったので、不要な機能を停止して軽量化を図ってきました。


ノートン02ノートン03

ウイルス定義ファイルは手動で更新するつもりなので、この機能は不要

ノートン04

今のメールアカウントにはプロバイダーの迷惑メールフィルターが有効になってるから、この機能は不要

ノートン05

各種報告機能なんて、見ることもないから不要!
PCを酷使することもないからパフォーマンスの監視機能も不要。
ここいらの機能はほとんど不要に思えるものばかりだった・・・・

ノートン06

このPCはテレビチューナー非搭載なので、この監視機能も不要
特典のお知らせなんて、迷惑機能としか思えないから機能停止


これでかなりの軽量化になった。
プロフィール

牛飼い

Author:牛飼い
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード