PCの不調

メインPCが不調になった。
フリーズや起動不能といった症状が頻発する。
WinUpdateやドライバーの更新が原因ではないので
ハードウェアに問題がありそう。

復旧させないといけないが、面倒だ・・・

今まで使用してたPCのスペックは
CPU: Intel Celeron D320 2.4Ghz
M/B: Gigabyte GA8IPE1000G ver3
MEM:256MB+512MB (PC3200)
GPU:玄人志向Geforce5200
HDD:日立SATAハードディスク 80G
Pow:SilentKing3 400W

2004年に自作してから5年も経ってるので
そろそろ使用限界なのかも・・・・


PC不調の原因は・・・

パソコンケースから部品を取り出して、一つ一つ確認してみたら
マザーボードに不具合箇所を発見。

GA8IPE1000

CPU周りのコンデンサーが膨らんでた。
半田でコンデンサーの張替えは面倒
こりゃ、部品交換しかないな。

激安PCを自作する 【部品購入編】

以前の自作PCの構成を考えると拡張はほとんどしてなかったので
ベースとなるマザーボードはMicroATXを選択。
CPUはネットサーフィンとOfficeが使えればいいのでが、ちょっとした
ゲームもしたいのでPentium Dual Coreは欲しい。
OSはXPを使う予定なので2GB。
電源は500W位の静穏電源が欲しい。

と言うことで、

CPU :Intel Pentum E5200 (2.5Ghz) - ステッピングR0
M/B :ASUS P5KPL-CM BIOS - ver.606
MEM :PC2-6400 2GB (Samsungチップ)
POW :サイズ CorePower3 500W
12cmケースファンx1個 追加分

上記を基本構成にして、昨日秋葉原で購入。金2万2千円也。
後は相性問題が起こらないことを願うだけ。


激安PCを自作する 【組み立て編 その1】

昨日は古い部品を取り外し、ケースを掃除。
内部のホコリを掃除機と雑巾できれいにしてから作業開始。

新しい電源、追加購入したフロントケースファンを取り付ける。
また、流用したハードディスクはシャドウベイの下の段に取り付け、
ケース内のエアフローを確保するようにしてみた。

自作PC第一段階

電源を装着後、電源から出ているコードが邪魔に見えてくる。
プラグイン式の電源が欲しくなった。


予想以上に掃除に時間がかかり、昨日の作業はここで力尽きた。

激安PCを自作する 【組み立て編 その2】

本格的な組み立て作業に入った。
以下は僕が行った作業手順です。

①ケースにマザーオードを固定するためのスペーサーを取り付ける。

②マザーボードにCPUを取り付ける。

③マザーボードをケースに取り付けビスで固定する。

④電源スイッチなどのケースから出ているコネクターをマザーボードの
 所定の場所に接続。

自作PC第2段階


《 作業場の注意点 》
②のCPUの取り付けは4つのプッシュピンを均等に深く押し込まないといけないのだが
これが難しい。マザーボードが壊れるのではと思えるくらいに力を入れてようやく押し込めた。
ケース内にマザーボード入れたままでのCPU交換は危険と思った。

④ではASUS独自のQコネクターが付属してなかったのが痛かった。
 付属マニュアルは説明不足で論外。マザーボードのプリントも判りずらくて悩んだ。
 GNDはマイナスのことを表すのだが、プリントするならどちらかに統一して欲しかった。
プロフィール

牛飼い

Author:牛飼い
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード