FC2ブログ

CPU交換 Celeron G1840 → Core i5 4460

最近、パソコンの処理速度が遅く感じるようになったのでCPUを強化することにした。
某オークションでCore i5 4460を格安でゲット。



早速交換してみた。Celeron G1840 を取り外して 


Core i5 4460 に換装。


これでマルチタスクの性能が向上しているはず。

ケースファン交換

爆音をたてるようになったケースファンを交換することにした。
ドスパラの激安ファンを購入して、いざ交換作業開始。

元のファンを取り外し、空気の流れる方向に注意して
新品のファンを取り付けてみた。

口コミにあった通り、ファンケーブルの長さが足りないことが取り付け後に判明。
急遽古い変換ケーブルを使って長さを稼ぐことになった。

次回交換する時はケーブルの長さを考える必要がありそうだ。

リモコン修理

自宅にあるビデオのリモコンの調子が悪く、反応しないボタンが増えてしまった。
とりあえずバラしてみることにした。

リモコン002

基板上に変な液体が付着していたのでティッシュで綺麗に拭き取り、ゴムパッドは台所洗剤で綺麗にして
完全に乾燥させてから組み立てた。

リモコン003

一応ボタンは復活したけど、また再発しそうな感じだった。

Total War Warhammer 関係の備忘録 その1

Total War Warhammer I をオフラインで遊びたくてちょっと煽ってみた。

まず普通にゲームをインストールしてからお菓子を用意してオフラインで起動できるようにする。
でも、そのままだとMod関係が使えないので、少し手を加えてModを認識できるようにしてやる。
その方法を忘れないように備忘録として残しておく。

A.前準備
1.ウィルス対策ソフトを無効にする(推奨)
2.HxD - Freeware Hex Editorをダウンロード&インストールする



B.modのインストール手順
1.steamworkshopdownloaderを利用してmodをダウンロードする
 (まずsteamに行き、modを検索してmodのURLを取得する。その後、steamworkshopdownloaderの
 所定箇所に取得したURLを入力して、modをダウンロードする)
2.modをwin rarなどで解凍。HxDを使って解凍したファイルを開く。
3."MFH [SOH][ACK][NUL][SOH][NUL] PFH4[ETX][NUL][NUL][NUL]"
上記のMFHからPH4の直前までの値を削除する。


4."PFH4[ETX][NUL][NUL][NUL]" という形になったのを確認したら、 ファイルを上書き保存してHxDを
 終了。


5.修正済ファイルをwarhammerのdataフォルダーに置く。
6.C:\Users[USER]\AppData\Roaming\The Creative Assembly\Warhammer\scriptsに移動。
 ファイル名「user.script」でtextファイルを新規作成する。



7.user.script.textを開き、導入するmodごとに1行ずつ 「mod MOD名.pack;」 と書き込む。
 全部書き込んだらUNICODEで保存する。
例)
mod mod1.pack;
mod mod2.pack;
mod mod3.pack;




8.ゲームを起動してmodが読み込まれて表示されるのを確認して終了。


ネットで検索するとNotePad++ の使用を推奨しているサイトが結構あるけど、NotePad++ でバイナリーを
書き換えてもゲーム起動時にエラーが出てModを認識してくれないので注意。

筆まめ28のラベルを作成

筆まめ28-02筆まめ28

以前作成したデータを使ってラベルを作成。
年賀状を作ると年末だと感じる。
プロフィール

牛飼い

Author:牛飼い
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード